04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の謎が解けた

M・K(39歳)  医師


今回の内観で、心の謎が解け、魔法がとけた感じです。
六泊七日で、心の血と汗を流す訓練をさせていただきました。
面接して下さった先生、お食事を用意して下さったり、裏方を引き受けて下さったスタッフの皆様、大変お世話になりました。

内観を進める上で大変参考になったのは、食事時のテープとトイレに貼ってある紙でした。
これらを参考にしながら「自力」で素直な心で、粛々と内観すればよいのだと分かりました。
また他の研修者の皆様とはお話はしていませんでしたが、集合意識で助けられ、支えていただきました。
「もの言わぬ連帯感」で繋がっている感覚でした。

途中四日目に、自分が不満、怨みを感じていることを作文用紙に書くよう指示をいただいてから、一時エゴが肥大して、内心は「何かしてもらえるかも」と期待している状態になりました。
しかし、その後何もアクションがなかったので、「これは、やはり自分で解決するしかない」と悟ることができました。
丁度その時食事のテープで、柳田鶴声先生が「一分一秒、今、ここで命がけで内観してごらん」と語りかけて下さいました。
そこでまずは、その通りやってみようと思い、面接と面接の間に与えられる時間を一分一秒に微分して、今、ここに集中することだけをやりました。
その上で、して頂いたことは何か、お返ししたことは何か、ご迷惑をおかけしたことは何かを、その時空間に投げかけました。
そして次の面接では切腹でも討ち死にしてもよい、という覚悟で集中してのぞみました。

すると、内観の質が変わり始めました。
これがいわゆる「内観の深まり」だと実感しました。

そして「その時」は六日目の夜にきました。
養育費の計算結果を報告し、父の要求どおり返金するつもりであるとお伝えしました。
すると面接に来られていた所長さんから「親の立場からすると、そのお金は、この子にそのくらいの価値があると思って出したものなので、喜んで受け取って欲しいのです。返せというのは、本当にお金を返済しろという意味ではなく、そのくらい立派になれということなのですよ」とお言葉をいただき、私の中の何かがはじけて中から答えがとび出してきました。

そう、私は、今の今まで、自分がこうして欲しいものを素直に欲しいと言えないことこそが、課題であることに気付き、認めることができたのです。
私が、怨み、つらみ、不満をつのらせていたのは、欲しいものを素直に欲しいと伝え、喜んで受け取ることのできる人に対してだったのです!!
この課題を学ぶために、彼らは私の目の前に現れていただけのことだったのです!

その後、自分が如何に「トンデも嫁」で「ぐうたら妻」であるか、そしてそんな私を、広く、大きな愛情で包んで下さっている夫の偉大さをリアルに実感しました。

まだまだ未熟で、至らぬ人間です。
これからも内観を続けてまいります。
どうも有難うございました。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

瞑想の森内観研修所

Author:瞑想の森内観研修所

リンク

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

アクセスカウンター

管理者メニューEX

WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。