06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

依存症との闘い

O・T(36歳) 求職中


 昨8月に公務員を辞職し、自暴自棄になり、毎日のようにパチンコ屋に入りびたる日々でした。家族をはじめ、周囲の人々との関係も最悪の状態になりました。
 本当に死ぬかもしれないような気持ちで過ごしており、そのときに、「どうせ死ぬのなら、もう一度死ぬ気で内観をしてみよう。」というような気持ちで、絶望の中の「望」を信じて瞑想の森に参りました。

 今回は4回目の内観で、初めて断食をお願いしました。
 正直、内観前はとても恐くて、一ヶ月ほど申し込みの電話をかけられませんでした。

 いま、一週間の内観を通して私が感じた一番のこと、それは、『自分は餓鬼であった』こと、そして、『今も餓鬼である』ということです。
 それは、年齢は36歳であっても、心や精神年齢は、俗に言う子供(ガキ)のままであること。
 親をはじめとして、周囲の方々にいつも優しさや愛情を求め、貪り続け、どんなに与えていただいても満足することがなく、それどころか与えてくれる人に対して、「もっと、もっと…」と願い、求めていたこと。
 そして挙げ句の果てには、自分の要求が叶わないと、その相手を恨んだり傷つけたりしている自分の姿でした。
 本当に罪深いです。

 5日目から6日目にかけての夜、布団の中で、「こんな罪深い自分は、やはりもう死ぬしかない。」そんな想いに囚われて、まるで闇に引きずり込まれるような感覚になり、すごい目眩に襲われました。
 気づくと手を合わせて、「神様、こんな罪深い自分を許してください。お願いですから、どうか助けてください。」と祈っていました。
 すると、不思議と体も心も軽くなりました。内観を通し、自分が、「ああしたい、こうしたい」と思っている時は、いつもすごい空腹を感じて苦しかったのが、逆に、「自分が悪かったな、あんなことしてもらったな…」と思っている時は、穏やかで体も心も軽かったです。

 内観後は夜に前向きな夢を多くみるようになりました。
 とりあえず約一ヶ月経った今現在は、ギャンブルの欲求はほぼありません。
 しかし、これはゴールではなく、これからだと思っています。
 本当にありがとうございました。


スポンサーサイト
Secre

プロフィール

瞑想の森内観研修所

Author:瞑想の森内観研修所

リンク

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

アクセスカウンター

管理者メニューEX

WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。